ミュゼ 小田原

レーザー脱毛はシミを誘発する?

レーザー脱毛をしてシミが薄くなったという声を聞く一方、
レーザー脱毛の副作用でシミができてしまったという
声も耳にします。

 

正しいのは一体どちらなのかと思うでしょうが、
実はどちらも正しいのです。

 

レーザー脱毛のターゲットは毛に
含まれるメラニンです。

 

メラニンにレーザーを作用させることで、
毛の成長を司る毛母細胞を破壊します。

 

このレーザー脱毛で使用されているレーザーの施術は、
皮膚科などで使用されているシミ治療レーザーと
同じ原理なのです。

 

レーザー脱毛の波長はメラニンにターゲットが
設定されていますので、シミが消えたという情報は
ムダ毛の近くにあるメラニンを含んだシミにもレーザーが作用し、
その結果シミが消えたということでしょう。

 

では、逆にシミができてしまうというのは
どのような原理で起こるのでしょうか。

 

これは、レーザー脱毛よりもレーザー脱毛後の
アフターケアが原因と言われています。

 

レーザー照射後は皮膚に熱が残り、
乾燥しやすく傷つきやすい状態になっています。

 

そのまま衣服などで刺激を与えてしまうと
シミや色素沈着の原因になってしまいます。

 

サロンのスタッフの方は施術後に
しっかりとアフターケアをしてくださいと伝えているはずです。

 

面倒がらずにしっかりアフターケアをすることで、
シミのリスク回避が可能になるはずです。

 

ミュゼ 小田原のページはこちらです。