ミュゼ 小田原

脱毛剤の効果について

脱毛クリームやローションを使うと、
ムダ毛を自分一人でも処理できるし、
時間も短くて済むし、メリットがたくさんあるように見えます。

 

その反面どういう仕組みによって、
脱毛クリームでムダ毛の処理が出来てしまうのか
知らないのではないでしょうか。

 

実は使い方を間違えると、
皮膚に炎症を起こす可能性もあるのです。

 

脱毛クリームに使われているのは、
チオグリコール酸カルシウムという成分です。

 

この成分は髪の毛を構成しているケラチンという
タンパク質に強力に作用します。

 

タンパク質を分解してしまい、
髪の毛は溶けたような状態にまでなります。

 

その結果、肌の表面がスベスベした
綺麗な状態にすることが出来ます。

 

また、脱毛剤には水酸化カルシウムを代表とするア
ルカリ剤も配合されています。

 

チオグリコール酸カルシウムの効果を
もっと強くするためです。

 

アルカリ性の薬品は、長い間付着すると
皮膚に良くありません。

 

短時間の付着だとあまり気にしなくても良いですが、
皮膚に炎症を起こす原因にもなります。

 

ムダ毛の処理が終わったら、
しっかりと脱毛剤を洗い流すようにしてください。

 

ミュゼ 小田原のページはこちらです。