ミュゼ 妊娠中

妊娠中にミュゼで脱毛できない理由

 

脱毛をしているのは20代から30代の女性が大半でしょうが、
この年代の女性は、結婚や出産などの人生の一大イベントが起こることが多いです。

 

女磨きのために脱毛をしようと思い立ってミュゼプラチナムで契約したら、
すぐに妊娠が分かったという場合もあるでしょう。

 

妊娠が分かった場合、脱毛サロンは基本的に施術不可能です。

 

ミュゼでも同じで、脱毛部位に関わらず
妊娠が分かったら施術はできません。

 

妊娠中にミュゼプラチナムで施術ができない理由とは?

 

妊娠中にミュゼプラチナムで脱毛施術すると、
お母さんとお腹の赤ちゃんに何か影響が出るのでしょうか?

 

実は、妊娠中にフラッシュを照射しても、
何か起こるという医学的な根拠はないのです。

 

フラッシュ脱毛はムダ毛の毛根に反応するだけで、
お肌に多少のダメージは与えますが、
体の内部にまで何か問題を引き起こすとは考えにくいのです。

 

では、なぜ脱毛サロンが妊娠中の施術を禁止しているかというと、
ミュゼ側の電話による回答では
「万が一の可能性に備えて施術しない」というものでした。

 

万が一脱毛施術中に流産や早産が起こってしまったら、
直接の原因ではなかったとしても、
「脱毛のせいじゃないか」と疑ってしまうこともあるでしょう。

 

あのとき脱毛していなければ、
こんなことにはならなかったという状況になってからでは遅いのです。

 

何も証明する手立てがないので、
脱毛サロン側は妊娠中の施術を
お断りしているところがほとんどです。

 

それから、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化します。

 

毛周期も変わってきてしまうので、
今までと同じサイクルで毛が生え替わってくるわけではないのです。

 

結局、脱毛効果が出なくなる可能性も大きいですし、
何より妊娠中のお肌はとてもデリケート。

 

脱毛時に痛みを強く感じることもあるでしょうし、
冷却ジェルの冷たさが耐えられなくなることもあるかも知れません。

 

キレイになる努力も大切ですが、せっかく授かった命ですから、
赤ちゃんのことを何よりも一番に考えるべきです。

 

妊娠したら脱毛はいったんお休みです。

 

妊娠により脱毛を休会する場合、
ミュゼプラチナムでは一体どの程度施術が不可能なのでしょうか?

 

ミュゼでは、妊娠期間中と同時に授乳期間も脱毛できません。

 

母乳が完全に出なくなるまでは施術不可能です。

 

その後生理が定期的に2回以上来ていることが
再開の条件となっています。

 

第一子を妊娠してちょっと経ったら
すぐに第二子を授かることもあるでしょうから、
結構長い期間脱毛ができなくなることもあるわけですね。

 

休会の期限は契約しているコースによって違うので
注意しなければいけません。

 

回数無制限のコースを契約している場合には、
何年間隔が開いてしまっても続けて脱毛をすることが可能です。

 

たとえば、「ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」などの場合ですね。

 

それに対して、ハイジニーナや全身脱毛などの
「セットコース」や「フリーセレクト美容脱毛」は回数や期限が制限されています。

 

休会は、一番最後に施術した日から5年間までです。

 

5年を短いと捉えるかそうでないかは人それぞれでしょうが、
間近に結婚して子供を作る予定があるのなら
脱毛は後回しにしても良いかも知れませんね。

 

ミュゼ 小田原のページはこちらです。